横浜市 N邸

プライバシーと開放感を両立させた都市型住宅

スクエアなデザインと基本的な間取りはご主人から提案がありました。最大の特徴は、外からの視線を遮り、ほとんどすべての採光を中庭としたことです。住宅用としては規格最大限のサッシを使い、また、ウッドデッキやウッドバルコニーを設けることで、開放感のある居住空間となりました。

左: 外観は窓を設けず、外からの視線を遮っている。
右: 光は中庭から採り入れる。住宅用としては規格最大限のサッシを用いた。

 

左: LDK は 2 階。中庭に面しており、季節の光と風を感じることができる。床材にはこだわり、オークの長尺一枚板。大きなハイサイドサッシも開放感を演出する。リビングボードはアムスタイル。
中: キッチンはアムスタイル。リビングルームの照明は天井に埋め込むことで、出っ張りのないすっきりとした空間にしている。
右: キッチンはウッドバルコニーとつながっている。

 

左: ウッドデッキやウッドウォールは耐久性に優れたセラン材を使用。
中: すべてをスクエアにすることで、質感の違うサッシとウッド部が整合感を生む。
右: ウッドバルコニーもくつろぎのスペース。

 

左: バスルームの基本設備は TOTO の既成品を採用。ご主人のリクエストにより、鏡のラインに合わせて窓を設けている。
右: 水回りは広々としていて、ホテルを思わせる。

コメントを残す