横浜市Pマンション(集合住宅)

デザインの差別化で入居率を高める

デザイン性を高めて差別化を図った賃貸用ワンルームマンションです。フローリングにはオーク材を使うなど、質感にも気を配りました。希少性という付加価値が高い入居率につながっています。壁はドライウォールです。汚れても塗り直せばいいのですから、クロスに比べて入退室時のメンテナンスはローコストになります。また、クロスの張り替えは壁を傷めますが、ドライウォールならその心配もいりません。

アプローチはクォーツサイト(乱貼り石)を敷き、質感を高めた。

 

左:ビル用の装飾窓サッシを用いた。
中:アプローチの窓はガラスブロック。
右:壁面はアール状に仕上げて、個性的に。

 

左:集合住宅では希少な明るい対面キッチン。
中:ユニットバスは使っていない。在来工法でデザインの面白い国産の猫足バスタブを設置。据え置き型なのでメンテナンスは容易だ。
右:水回りのパーツにもデザイン性を求めた。

 

床をオーク材のフローリングとしている賃貸ワンルームマンションは少ない。
部屋により、壁画風にペイントしている。