横浜市 A邸

窓からの光に季節を感じる家

外部からの視線を遮ってプライバシーを確保しつつ、開放的な住空間とするために中庭を設けました。主庭に面したリビングダイニングはもちろん、どの部屋にも自然光がたっぷりと入ります。たとえば、キッチンは庭と中庭からの2面採光。バスルームも中庭からの光が心地よさを演出します。

左:1階参考平面図
右:2階参考平面図

 

左:レンガ仕上げの外観は重厚。輸入の玄関ドアは両サイドにガラス入りのパネル。
中:玄関ドアの中央にはオーバルのステンドグラスとなっている。
右:光あふれる室内。

 

左:フローリングは温かい色調のメープル材を採用。
中:明るくフォーマルにも対応できるダイニングルーム。
右:壁は左官塗りコテ仕上げで天井はドライウォール。

 

左・中:手もとが明るく料理がしやすい2面採光のキッチン。
右:中庭に面し、視線を気にせず光を採り入れられるバスルーム。

 

左:和室も含めて、窓はすべて結露しにくいペアガラスの樹脂サッシを使っている。
中:寝室。
右:リビングから中庭。